住宅ローンや【フラット35】について、対面で気軽に相談したい。

あなたの決心応援します!7月9日(土)・10日(日)全国一斉相談会開催詳しくはこちら

金利の適用条件等フラット35をご利用いただくための条件

【フラット35】最新の金利情報はこちら

住宅ローン選びのポイントとは?
ポイント1 ライフサイクルから住宅ローンを考える
ポイント2 住宅ローン3つのリスク
ポイント3 住宅ローンの金利タイプを知ろう
安心の全期間固定金利の【フラット35】をご検討ください。
皆さまの身近にあります!近畿地方で【フラット35】のお申込みができる金融機関
[金融機関広告(【フラット35】提携金融機関の【フラット35】関連商品ホームページにリンクします)]
※下記以外の金融機関においても【フラット35】のお申込ができます。詳しくは【フラット35】サイト(www.flat35.com)をご覧ください。

モーゲージバンクモーゲージバンクとは、住宅ローン専門に取扱う会社をいい、金融関連会社や住宅関連会社等が出身母体となって設立されています。
預金業務を行っていないため、フラット35をご利用いただく際、皆さまが日頃ご利用されている金融機関※を通じてご返済いただくことも可能です。
※各モーゲージバンクが指定する金融機関その他、詳しくは、各モーゲージバンクへのお問合せをお願いします。

都市銀行・地方銀行等

信用金庫

お申込み前の住宅ローンや【フラット35】に関するご相談はこちらへ
住宅ローンや【フラット35】について、対面で気軽に相談したい。 ふらっとプラザ(大阪本町)をチェック! 近畿各地て【フラット35】がわかるイベント(休日相談会等)実施中! 近畿各地の【フラット35】イベントをチェック!

【フラット35】ずっと固定金利の安心

全期間固定金利の住宅ローン

資金のお受取時に、返済終了までのお借入金利と返済額が確定します。
お借入後に市場金利が上がっても、下がっても、お借入時の金利が適用になります。

詳しくはこちら

機構の技術基準で、住まいづくりを応援

住宅金融支援機構において技術基準を定め、物件検査を実施します。また、省エネルギー性に優れた住宅等、質の高い住宅を取得される場合に、金利を一定期間引き下げる制度(【フラット35】S)により、住まいづくりを応援しています。

※物件検査には手数料が必要となり、お客さまのご負担となります。
物件検査手数料は、検査機関または適合証明技術者により異なります。

詳しくはこちら

保証料0円、繰上返済手数料0円

一般的に住宅ローンのお借入れに必要となる保証料はかかりません。保証人も必要ありません。また、返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料はかかりません。

※融資手数料、抵当権の設定費用(登録免許税、司法書士報酬等)、物件検査手数料、火災保険料等はお客さまのご負担となります。

詳しくはこちら

ご返済中も安心サポート

多様な返済方法変更のメニューをそろえ、ご返済についてお悩みのお客さまに親身になってご相談をお受けし、それぞれの事情に合った返済方法の変更をご提案します。また、お客さまに万一のことがあった場合に備えて、機構団体信用生命保険や3大疾病保障付機構団体信用生命保険をご用意しています。

※機構団体信用生命保険または3大疾病保障付機構団体信用生命保険の特約料は、お客さまのご負担となります。

詳しくはこちら

ショートムービーでかんたん紹介!よくわかる【フラット35】

-フラット35わたしの決心-結婚&マイホーム編
-フラット35わたしの決心-子育て夫婦編

【フラット35】S 省エネ等に優れた住宅なら金利を引下げ!

一定期間、金利を引下げ

所定の住宅性能基準を満たす住宅を取得される場合、お借入金利を一定期間引き下げる制度が、【フラット35】Sです。

イメージグラフ
(注)
この制度には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は制度を終了することとなります。受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイトでお知らせします。
住宅金融支援機構の定める【フラット35】Sの技術基準に適合していることについて、検査機関または適合証明技術者が交付する適合証明書等の提出が必要となります。適合証明書等の取得費用はお客さまのご負担となります。
【フラット35】Sは、新築住宅の建設・購入及び中古住宅の購入の際にご利用いただけます(【フラット35】借換融資には利用できません。)。
  • 【フラット35】Sについてもっと知りたい 詳しくはこちら

住宅性能の優れた住宅で、よりよい暮らしを

【フラット35】Sは、4分野の住宅性能のうち、いずれか1つ以上の基準を満たす住宅を取得される場合に適用される制度です。
快適でエコな暮らしや、丈夫で長持ちする住宅をサポートすることで、より長く快適な暮らしを応援します。

  • 省エネルギー性
  • 耐震性
  • 耐久性・可変性
  • バリアフリー性
  • あなたの取得したい新築住宅・中古住宅は対応する?技術基準をチェック

【フラット35】Sに対応する住宅のメリットとは?よくわかるムービーで紹介!

快適でエコな住まいを
丈夫で長持ち!?生涯コストに差が出ます?
先輩に聞いた!リアル体験談

金利が低くなる【フラット20】

【フラット20】とは、【フラット35】のうち、15年以上20年以下のお借入期間を選択していただく場合をいいます。【フラット20】は、【フラット35】と比較して低い金利でのお借入れが可能になります(注)。

(注)
お借入期間が20年以下の最頻金利と、お借入期間が21年以上35年以下の最頻金利を比較した場合です。
お借入期間が15年(ただし、お申込みご本人または連帯債務者の年齢が満60歳以上の場合は10年)より短くなる場合は、お借入れの対象となりません。
20年以下のお借入期間を選択された場合、原則として、ご返済の途中でお借入期間を21年以上に変更することはできません。
一般的にお借入期間を短くすると毎月の返済額が増加しますのでご注意ください(毎月の返済額はフラット35サイトで試算できます。)。

イメージグラフ

イメージグラフ

ショートムービーでかんたん紹介!よくわかる【フラット35】

-フラット35わたしの決心-住み替え編

先輩に聞いた!リアル体験談

住宅ローンを選ぶに当たっては、非常に多くの悩みや疑問を抱くもの。

男子会トーク

そこで、住宅ローンを検討している皆さまに少しでも参考にしていただくため、フラット35をご返済中のお客さまにインタビューを行い、多くの方からご質問をいただく以下の4つの質問をしてみました!

女子会トーク

【フラット35】をもっと知りたいなら

フラット35について動画で学べる!

Webセミナー実施中

じっくり資料で検討できる!

ダウンロード・資料請求

電話で直接相談できる!

お客さまコールセンター

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ

フラット35サイトはこちら
【フラット35】についてのお問い合わせはお電話でもお受けしております。 お客さまコールセンター(通話無料)0120-0860-35

営業時間:9時~17時(祝日、年末年始を除き、土日も営業しています。)

ご利用いただけない場合(PHS、海外からの国際電話など)は、
次の番号におかけください。048-615-0420(通話料金がかかります。)

PAGE TOP